清水康之さんの講演会に多数のご参加ありがとうございました。

 2013年11月9日14時より:岩手県水産会館 大会議室において行われた、自殺対策支援センターライフリンクの清水康之さんの講演会におきまして、ご多用中にもかかわらずご参加を賜りました皆様方へ、厚く御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。
 おかげさまをもちまして、県内支援機関をはじめ県民皆様方より140名ほどのご参加をいただきました。
石橋乙秀理事長、盛岡市の安ケ平課長からのご挨拶ののち、清水さんより、「自殺白書から見える日本の現状と伴走型支援のできること」と題して講演をいただきました。冒頭の東京マラソンの映像と共に、年間の自殺者がこの大会の参加者とほぼ同数であるとのコメントをいただき、いま日本で起きている事態の重大さに出席者一同は大きな衝撃を受けました。講演の中では地域の中で互いに寄り添うことの重要さについて示唆をいただきました。「これくら」から伴走型支援の現状についての開設以来の2年半の報告、くらしのサポーターズ副理事長の吉田直美さんからは地域づくりの視点からの問題提起、、岩手県精神保健福祉センターの黒澤美枝所長からは自死遺族への支援という視点で発題をいただき、パネルディスカッションは支援への取り組みに向けた温かい雰囲気の中で時間切れとなったことは残念でしたが、参加者の皆様と共に有意義な時間を過ごすことができました。
 開催を通して県民の皆様にも広くこの事業へのご理解をいただくとともに、今後とも、「求職者個別支援事業」へのご協力をよろしくお願い申し上げます。